火災保険と家財保険の違い

火災保険と家財保険の違い

火災保険について調べてみると、火災保険のほかに家財保険があることに気付かれることでしょう。もともと家財保険というのは火災保険の補償の一つとして提供されていましたが、保険ニーズの多様化にともなって家財保険が火災保険から分離されて単独で販売されるようになりました。家財保険の補償内容を見てみると火災保険に付帯する家財保険と補償内容が変わらないので、どう違うのかと混乱してしまう人がいます。火災保険は万一の火災だけでなく自然災害で受けた損害を補償する大切な保険なので、持ち家や賃貸の家に住んでいるなら必ず加入しておくことをおすすめする保険です。

火災保険とは

火災保険とは読んで字のごとく「火災」全般の損害を補償する保険を指します。火災の原因は複数あって火の不始末やたばこの火が家具に燃え移ってしまったといったケースだけでなく、漏電や落雷による火災もあります。そのため火災保険の補償範囲は幅広く、自然災害による火災も補償対象になっているという特徴があります。火災保険が補償してくれるのは建物だけでなく住んでいる人が所有している家具などの動産が含まれます。火災以外にも自然災害で被った被害全般を保障してくれるのが火災保険です。火災保険は主に持ち家などの不動産を所有している人が加入します。

家財保険とは

火災保険は火災による損害を補償してくれる保険ですが、家財保険も補償範囲はそれによく似ています。火災保険は主に建物に対する損害を補償しますが、家財保険は火災などにより被害を受けた動産を補償する保険を指します。例えば火事が起きて建物が全焼した場合、火災保険に加入している場合は建物の再建費用を補償しますが、家財保険は焼失した家具などの動産を補償してくれます。家財保険は主に賃貸契約で賃貸物件の入居者が契約する保険です。

なぜ賃貸物件は家財保険に加入するのか

アパートやマンションに入居する場合、仲介する不動産会社は契約の条件として家財保険への加入を義務付けているところが多いです。賃貸契約で加入する家財保険は火災保険と呼ばれることもありますが、補償が家財に限られているので家財保険と基本的に補償内容は変わりません。賃貸契約で家財保険に加入する理由は、建物は大家さんが補償し、火災を発生させてしまった場合の賠償は借主が行うという考えに基づいています。実際に賃貸契約で火災保険を契約すると、家主に対する賠償責任が付帯されていることに気付くと思います。基本的に建物は家主が損害を負担すべきなのですが、賠償請求権という法律で定められた権利があるため、あえて火災を発生させてしまった場合の補償を設定しているのです。

賃貸で契約する火災保険の補償範囲

火災保険と家財保険は言葉自体は違いますが、家財保険は火災保険の補償の一つなので「火災保険」と呼ばれることが多いです。そのためどうしても混乱してしまうのがいるのは仕方ないことです。専門的な観点から説明すると火災保険は正確には住宅総合保険と呼ばれていて、いくつもの保険をまとめた総合保険商品のことを指します。つまり火災保険は細かく分けると火災の補償、自然災害の補償、家財の補償、賠償責任に対する補償といった分野に分かれているわけです。このことを踏まえて賃貸で契約する際の火災保険の補償範囲は建物の補償を除いた損害が補償範囲になっています。具体的には自然災害により家財が被害を受けた場合の補償なども家財保険に含まれています。

地震や津波は対象外

火災保険や家財保険を契約する際に注意したいのが、地震や津波、噴火は対象外になっていることです。火災保険は火災ならどのケースでも補償されると思うかもしれませんが、地震に起因する火災は補償対象外になっています。その理由は地震や津波による損害規模が大きいため、保険会社が補償しきれないからです。そのため国が保険制度を支える形で地震保険が用意されています。

火災保険比較コンシェル
火災保険と家財保険の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加