火災保険と家財保険の違い

賃貸契約で加入する火災保険は家財保険が中心

アパートやマンションなどの賃貸物件に入居する場合、不動産会社で賃貸契約を結びますが、その際に火災保険への加入が条件になっています。賃貸物件で契約する火災保険は厳密には家財保険に分類されます。もしかしたら賃貸物件で契約する火災保険は家が火事になってしまった場合に建物を修復するための補償だと思っている人がいるかもしれません。意外なように思えるかもしれませんが、賃貸物件で契約する火災保険は建物ではなく家財にかける保険です。

家財保険を契約する理由

賃貸物件を契約する場合、なぜ家財保険に加入するのでしょうか。その理由は賃貸物件で火災が発生した場合、建物については家主が火災保険をかけているからです。家主が加入する火災保険は建物の損害を補償するためのものですから、建物に入居している居住者の家財などは補償対象になりません。そこで家財保険に加入することになっているのです。

賠償問題に対する補償

賃貸物件は家主が火災保険を契約しているとはいえ、居住者の家から出火した場合、当然賠償責任を負うことになります。この場合の賠償責任とは部屋を焼失させてしまった場合の原状復帰費用を指します。そのため、賃貸契約で加入する家財保険は家主への賠償を含んだ補償を設定しています。加入時の補償内容をチェックするとわかりますが、借家人賠償責任補償が付帯されています。これは万一出火させてしまった場合の原状復帰費用を補償する補償を指しています。

家財保険に加入しないとどうなるか

賃貸契約で家財保険への加入が条件に含まれている場合、加入しなければ賃貸契約を結べません。契約を更新する際にも家財保険の再契約を求める場合がほとんどです。もし契約更新時に火災保険を同時に更新しない場合には、賃貸契約が打ち切られてしまう可能性があります。ただし自分で別に火災保険もしくは家財保険を契約する場合は、賃貸契約時に火災保険を契約しなくても大丈夫な場合があるので、不動産会社に確認しておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加