火災保険と家財保険の違い

賃貸契約時に加入する火災保険の家財保険は他社でも大丈夫か

アパートやマンションなどの賃貸物件を契約する場合、火災保険への加入が義務付けられている場合が多いです。不動産会社で契約する場合、必ず火災保険にも加入するように勧められるので、火災保険の補償内容をチェックする間もなく保険を契約してしまうことが多いかもしれません。本来火災保険への加入は任意なはずなのですが、賃貸契約上火災保険への加入は仕方がない部分です。もし不動産会社が紹介する火災保険の補償内容に納得できない場合、他社の火災保険を選択することはできるのでしょうか。

ケースバイケース

賃貸契約で火災保険への加入が条件になっている場合、基本的に不動産会社が用意している火災保険に加入するというのが一般的な流れです。不動産会社は損害保険会社の代理店をしているところが多いので、契約時に賃貸契約と同時に保険の手続きができるようになっています。もし他社の火災保険を契約したい場合、不動産会社に可否を尋ねることが必要です。ケースバイケースですが、なかには他社の火災保険でも大丈夫という場合があります。

補償内容に注意

他社の火災保険を契約する場合、アパートやマンションのオーナーが希望する補償を最低限付帯してください。付帯する補償は家財保険のほかに借家人賠償責任補償を付ける必要がある場合が多いです。借家人賠償責任補償とは自宅から出火した場合の原状復帰費用をカバーする補償を指します。これが付帯されていないと賃貸契約が結べない可能性があります。

前もって補償額を聞いておく

借家人賠償責任補償を付帯する場合、補償額をいくらにするか、不動産会社に尋ねておくことをおすすめします。家財保険の補償額はある程度自分でも選択できますが、借家人賠償責任補償については大家が希望する額があるため、その額は最低でも補償できるようにしておくことが大切です。保険代理店を通じて契約する場合には、保険代理店の担当者から不動産会社に問い合わせてもらう方法もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加