火災保険と家財保険の違い

火災保険の家財保険で補償される範囲

家財保険は主に居住者が所有する動産を補償する保険です。動産には家具や電化製品、生活上必要な日用品などが含まれています。家財保険を契約することで火災で家具や電化製品などが焼失してしまった場合や、台風や豪雨で浸水し故障してしまった場合の修理、再購入費用を補償します。家財保険を契約する前にどこまで補償してくれるのかを確かめておくなら、最適な補償を設定できます。

プランによって補償範囲が異なる

家財保険は火災保険と同様補償範囲が設定されています。どのような災害で補償されるかについては一律で同じ補償というわけではなく、プランによって異なります。保険料が高くなればその分だけ補償範囲が広がりますし、補償内容も手厚くなります。ただしその分だけ負担が増加するので、経済力にあった補償プランを立てることをおすすめいたします。家財保険の補償内容は基本的な補償に絞ったスタンダードプランから充実した補償を提供するプランまであります。保険会社によって名称が異なるので、パンフレットなどでチェックすると良いでしょう。

火災と自然災害は基本的に補償される

家財保険はどのプランでも火災や落雷、風災による災害を補償しているものが多いです。火事で家財が消失してしまった場合や、風災で家財が損傷してしまったというケースも補償対象です。落雷による家電製品の故障は火災による被害よりも遭う確率が高いので、加入していて損はない補償だといえるでしょう。

水災や盗難は補償されないことも

水災や家財の盗難はプランによって補償されない場合があるので注意してください。空き巣に入られて家財が盗まれてしまうというケースは時折生じます。有価証券や預金通帳が盗難に遭った場合、家財保険に加入していると一定の範囲まで補償される場合があります。もし空き巣の被害が多発している地域に住む予定であれば、盗難補償を付帯しておくと良いでしょう。水災はゲリラ豪雨による被害リスクを考えて、低地に住んでいる場合は付帯することが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加