火災保険と家財保険の違い

火災保険の家財保険を必要な補償に絞る

賃貸契約を結ぶ場合に不動産会社が火災保険への加入を条件にしている場合がよくあります。賃貸契約と火災保険契約がセットになっているため、火災保険を契約せずに賃貸契約ができないようになっています。不動産会社は火災保険契約を結ぶことで損害保険会社から契約時の代理店手数料が受け取れるため、賃貸物件を扱う不動産会社の収入源にもなっています。そのためあらかじめ設定された補償内容をそのまま契約するケースが多いのが実情です。実は補償内容をよく調べてみると本当に必要とはいえない補償が含まれている場合があります。

補償内容をチェック

不動産会社で火災保険の契約を結ぶ場合、契約前に補償内容についての希望を伝えることができるかもしれません。補償内容をチェックして本当に必要なものに絞り込むと良いでしょう。必要な補償は借家人賠償責任補償、家財保険です。個人倍初責任保険については加入するかどうかは私たちの判断ですが、すでにその種の保険に加入している場合には加入の必要はないかもしれません。自動車保険とセットになっていることもあるので、補償が重複しないようにしましょう。

立地条件を考慮する

立地条件によって水災のリスクがない地域があります。例えば高台であれば浸水する可能性はほぼゼロに近いかもしれません。そのような地域であればあえて水災補償をセットする必要はありません。逆に地震の発生リスクが高い地域であれば地震保険をセットするようにします。不動産会社は物件の立地条件をよく知っているので、本当に必要な補償に絞り込んだとしても特に意見を言ってくることはないでしょう。

補償額を最適なものにする

家財保険の補償額をいくらにするかが難しいと感じる人がいます。仮に火事で焼失してしまった場合、失ってしまった家財を再取得するためにはかなりの費用がかかります。そこで目安になる金額をある程度抑えておく必要があります。目安となる金額は一人当たり300万円~400万円です。

このエントリーをはてなブックマークに追加