火災保険と家財保険の違い

火災保険の家財保険を適切な補償額にするには

火災保険に家財保険を設定する場合、適切な補償額をいくらにするかが大切です。補償額の設定を誤ると保険料を余分に支払うことになりその分だけ損をしてしまうからです。他にも適切な補償額を設定しておかないと、いざという時に補償額が足りないといった事態が生じる可能性もあります。そうならないためには、あらかじめ補償額の目安を把握しておくことをおすすめします。おそらく不動産会社や保険代理店から火災保険のプランを紹介される場合、家族構成などから余裕を持ったプランが提案されることでしょう。その際にプラン内容をよく分析してください。

必要な補償額は家族構成によって異なる

家財保険の補償額は家族構成によって必要額が変わります。単身であれば必要な家財は最低限に抑えられていることでしょうし、家族が増えればその分だけ家財も増えますから、必要な補償額も増えるわけです。持ち家にしても賃貸物件にしても、家財保険の補償額を設定する場合は、必要条件を考えることからスタートします。例えば結婚していてまだ20代と若い世代と50代の熟年世代とでは所有している家財が異なるからです。

必要な額の目安はいくらか

必要な額を算定する場合に目安があると助かります。基本的に単身者の必要額の目安は300万円と言われています。300万円あれば火事で家財が消失してしまったとしても、再取得ができる金額です。家族構成が増えるとその額を人数分かけて算定します。ただし年齢が上がれば上がるほど必要額が変わるので、300万円の倍数で計算できるのは20代までと考えてください。

年齢が10歳上がるごとに補償をプラスする

年齢が10歳上がるとその分だけ補償額が増えます。統計上年齢が10歳上がるごとに1人当たり100万円プラスになると考えればよいでしょう。例えば30代二人世帯の補償額が約700万円とすると40代では900万円といったように計算します。あるいは自分で所有している家財の再取得金額を概算で算定することもできるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加