火災保険と家財保険の違い

火災保険や家財保険料を安くするコツ

保険は人生で二番目に高い買い物と言われています。そのわけは毎月保険料を払い続けたとして、生涯で支払う保険料の総額が膨大な金額になるからです。保険はなくてはならないものの一つですが、できるだけ保険料を抑えることで生活費を抑えられます。火災保険や家財保険も同じで、保険料を節約できます。もしかしたらどうやって保険料を安くできるのかわからないので、そのままにしているという人がいるかもしれません。保険料を安くすることはそれほど難しくはないので、ポイントをつかんでおきましょう。

保険の見直しをしたことがあるか

火災保険を含め、損害保険の見直しをしたことはありますか?保険の見直しでは補償内容をチェックして本当に必要な補償を設定しているか、不必要な補償がないかをチェックする機会になります。これまで保険を見直したことがないのであれば、一度保険を見直してみることをおすすめします。見直す場合には、複数の損害保険会社の商品を扱っている乗り合い型代理店に相談すると良いでしょう。

補償額が適切かをチェック

保険を見直す際に必ずチェックしておきたいのが、現在設定している補償額が適切かどうかという点です。特に家財保険の場合、補償額を多く設定しすぎているケースが時折見られます。補償額を多く設定したとしても、実際に災害で受け取れるのは被害を受けた家財の時価総額になるので、必ずしも補償額の満額を受け取れるわけではありません。それで今所有している家財の金額を査定して、適切な補償額に調整しましょう。

複数の火災保険を比較

火災保険は1社だけでなく複数の保険会社が販売する火災保険を比較することをおすすめします。同じ補償内容でも保険料が割安な火災保険があります。全労済や県民共済などの共済も火災共済を販売しているので、保険料重視で考えているなら選択肢を増やして比較してみると、保険料をかなり抑えられることに気付くはずです。毎月の保険料を500円抑えられたとすれば、年間で6000円、10年で6万円も節約できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加